英語検定ガイド

英語検定試験合格 問題集・対策ソフト等

えいご漬け 2回戦

えいご漬け 2回戦

定価: ¥ 3,990
販売価格: ¥ 2,542 人気ランキング: 485位
おすすめ度:
発売日: 2003-02-25
発売元: プラト
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

   ディクテーション方式と手ごろな価格で人気の英語学習ソフト「えいご漬け」の第2弾。第1弾より少しだけレベルアップしているので、「難しくなった」と感じることなく自然にレベルアップした英語力が身につくようになっている。    前作と同様、基本的な単語を使ったわかりやすい英文を、繰り返し聴き取って紙に書き出すシンプルで合理的な英語トレーニングを採用。「えいご漬け」ではディクテーションを元に、英文の構造をビジュアル表示を加えた「見る・聴く・書く」方式により英語基礎を体で覚える仕組みになっている。    使用する単語として、桐原書店の「データベース4500 完成 英単語・熟語」の完全データを搭載。単語約1400語、センテンス総数は約1700文、すべての単語、センテンスにネイティブの発音がついている。単語帳のように、気軽に好きな時間だけ学習することができるので、時間のない人や集中力の続かない人に特におすすめだ。Windows、Macintoshハイブリッド版。(三井貴美子)

「瞬脳活性」よりこっちのほうがいい!!
「えいご漬け」にはまり、発売日当日に「2回戦」を手に入れ、
やり始めました。
前作より歯ごたえがあります。
前作が物足りなかった人には丁度いいでしょう。
おなじ「桐原データベース4500」を基にしたソフトで「瞬脳活性」が
ありますが、デザイン、インタフェイス、コストパフォーマンスと
すべての点で「えいご漬け」シリーズの方が上です。
このインタフェースを利用したTOEIC対策等の学習ソフトの登場にも
期待したいです。(プラトさんよろしく)
とにかく、もとの取れるソフトです!!
買ってみて!!

使い勝手が良いです。
とても使い易く、画面がさくさく切り替わる点は、多くの方がご指摘のようにとても良いです。
しかし、2回戦にしてこのレベルとは…と感じてしまうレベルの低さであることは否めません。
一般向けなのでしょうが、ある程度英語を勉強してきた高校生以上の人にはあまり使えない
のではないかと思います。
もちろんリスニングが苦手な方や基礎力を固めたい方にはおすすめです。

1回戦と同様にコストパフォーマンスは★★★★★
1回戦のボキャブラリーではもの足らない人に結構かと思います。
私は、最初にこの「2回戦」を買って使ってみて、結構いけたので、自分が今面倒見ている生徒用に「1回戦」を後から買いました。
かつて英語が得意だったのだけど、諸事情でしばらく英語から離れていて勘が鈍ってしまった人のリハビリに使えると思います。
次の『』内は1回戦の私のレビューです。
『音質の善し悪しや、例文チョイスの適確性など多少の課題は残しますが、費用対効果は5つ星ではないでしょうか。目、耳、手という五官のうち、3つを駆使しての学習効果も悪くはありません。昨今の世の中は、テストは四択が主流で、「耳から覚える」シリーズの氾濫、おまけに「辞書を引くのは時間の無駄」的な啓蒙書が大手を振って出回っています。「読めるが、書けない」日本語と英語がどんどん増えていってしまうのは私だけではないはずです。大きな顔をして個別指導の塾で私立の高校生に英語を指導している私ですが、このソフトで「えっ??この単語の綴りどうだたっけ??」という場面が何度もありました。一応音質は??ですが、ナレーションはネイティブみたいだし。悪くないですよ。このソフト。正しい綴りの覚えなおしに毎晩練る前に30分どうぞ。 』